経済・政治・国際

2008年12月16日 (火)

観光立県推進議員連盟の視察

来年(2009年)1月、千葉県の観光立県推進議員連盟主催で、千葉県議の方々が第一海堡と第二海堡を視察される予定です。

第二海堡は現在、上陸が基本的に禁止されていますが、県議の先生方には是非とも上陸していただきたいと思っています。

海の上から見るのと、上陸するのとはでは、受ける印象の強さが全く違います。

今回は、調査目的ですので、管理者の海上保安庁が理解を示し、許可してくださることを期待します。

2008年12月12日 (金)

富津市長への陳情

来る2008年12月16日(火)、東京湾海堡ファンクラブは富津市長に面会します。

その席で、小坂会長から富津市長に対し、富津市が第一海堡の不発弾撤去を防衛庁へ申請していただくよう、請願する予定です。

不発弾撤去御のことは、防衛大臣に対し、東京湾海堡ファンクラブ単独でお願いしていますが、地元からの申請が必要とのことでした。

1日でも早く、第一海堡に皆さんが上陸できる日が来ることを希望しています。

2008年11月21日 (金)

朝日新聞(千葉版)11月18日付

11月18日付の朝日新聞(千葉版)に、第三海堡の遺構に関する保存活動が紹介されました。

横須賀市のうみかぜ公園に設置されている遺構の写真が大きく掲載されています。

また、追浜展示場にある遺構についても、「横須賀での保存が理想とするが、無理ならば、富津で保存したい。」という小坂会長の話が紹介されました。

関心を持ってくださる方が一人でも増えることを期待します。

2008年11月13日 (木)

大沢のぼる都議

昨日(2008.11.12)、江東区の東陽町のホテルで、「大沢のぼる君を囲む会」があり、事務局として出席しました。

政治家の方が主催する会に出るのは、初めてでしたが、200名以上(300名いたかもしれない)を集めてしまうパワーに驚きました。

民主党の菅直人代表代行も駆けつけ、挨拶をされていました。

大沢都議には、8月に当ファンクラブが開催したシンポジウムにパネリストとして参加いただきました。

シンポジウムをきっかけに、品川台場を含めた東京湾海堡の保護と活用について、ご理解いただきました。

昨日、大沢都議にお会いしたときに伺ったのですが、「東京都としても海堡について考えたらどうか。」と港湾連携の委員会の席で提案してくださったそうです。

大沢都議にも東京湾海堡に上陸していただき、東京湾海堡のファンを増やしたいと思いました。

2008年11月12日 (水)

大臣面会の影響力

昨日(2008年11月11日)、国交省の東京湾口航路事務所から事務局へ電話がありました。

東京湾口航路事務所へ千葉県の新聞記者が追浜の第三海堡の遺構の件で、取材に来たということです。

「新聞記者から、ファンクラブが浜田大臣と面会したと聞いた。」ということの確認でした。

東京湾口航路事務所の方の電話口の感じがいつもと違い、少し慌てている様子でした。あらためて、大臣の影響力を感じました。

2008年10月30日 (木)

浜田防衛大臣との面会

2008年10月25日(土)、当ファンクラブの小坂会長、田中副会長、安室幹事、竹内市議が浜田防衛大臣に面会しました。

カメラを忘れてしまったそうで、写真がないのが残念です。

海堡は、かつて防衛施設でありましたので、防衛施設の歴史資産として認識していただけることを期待しています。

また、第一海堡は「不発弾がある可能性が否定できない。」という理由で、財務省千葉財務事務所から上陸の許可がおりない状況です。

不発弾調査は防衛省で行っていただかなければならないため、不発弾調査のこともお願いしました。

2008年10月 7日 (火)

神奈川新聞10月3日朝刊

神奈川新聞の10月3日朝刊に横須賀市議会第3回定例会について掲載されました。

“追浜の第三海堡遺構保存 市長「設置場所ない」”と大きな見出しが付けられています。

6名の市議が一般質問されたなかで、この話題が見出しに使われたということは、市民の関心の高さを示すものだと思います。

市長の見解のなかで、「移転費用もない。」としていますが、「来年度末までならば、移転費用は負担する。」と国交省は明確に示しています。少し、情報が市長まで届いていない感じがします。

どうにか残せる道はないか、時間はあと1年半しかありません。

2008年9月30日 (火)

横須賀市議会

2008年9月29日(月)雨、横須賀市議会を傍聴しました。

室島市議が追浜に展示してある「第三海堡の遺物の保存について」市長のお考えを一般質問されると聞いたからです。

室島市議の質問は、3番目で11時20分頃からでした。
市長の回答は、残念ながら、「横須賀市としては、うみかぜ公園にある1基を文化財&モニュメントとして保存するだけであって、追浜にある遺物は場所の問題もあり、保存しない。」というものでした。

市長のお考えは確認できましたが、東京湾海堡ファンクラブとしましては、これからもできるかぎり、保存できる方法を探していきたいと思います。

2008年9月25日 (木)

防衛大臣

防衛大臣に浜田靖一議員が就任されました。

浜田議員は、第一海堡・第二海堡の地元、富津市の方です。

また、東京湾海堡は、防衛のために造った施設ですから、防衛省も無関係ではありません。

海堡の保護・活用に向け、ご理解いただけることを期待したいです。